長野市及びその近郊のマンション・一戸建て・土地を適切な価格で速やかに売却するためのサイトです。売却成立までの流れ、不動産を高く売る秘訣、売却時のよくある質問をわかりやすく解説。査定は簡易査定・訪問査定のどちらも無料です。

売却時にはどんな諸費用がいくらかかる?

  • HOME »
  • 売却時にはどんな諸費用がいくらかかる?

家族のイメージ

不動産を売る時にかかる諸費用はどんなものがいくらぐらいかかるのでしょうか。
売却価格から諸費用を差し引いた額が手取り金額となるので事前に把握しておきましよう。

1.仲介手数料

仲介手数料(媒介手数料ともいいます。)は不動産業者に支払う手数料で成約報酬です。

宅地建物取引業法の規定に基づき、宅地建物取引業者が宅地又は建物の売買の仲介(媒介)に関して
受けることの出来る報酬は以下の通り定められています。

売買価格が200万円以下の部分は・・100分の5
売買価格が200万円を超え400万円以下の部分は・・100分の4
売買価格が400万円を超える部分は・・100分の3
(消費税別)

売買価格が400万円以上の場合は、
簡易計算 売買価格×3%+6万円(消費税別)で計算することが出来ます。

(例)
売買価格12,000,000円×3%+6万円=420,000円(消費税別)

仲介手数料を支払うタイミングは不動産業者によりまちまちですが、
売買契約時に半金、残金決済・引き渡し時に半金を支払うケースが多いようです。

2.印紙代

売買契約書に貼付する印紙代です。
印紙代は売買価格によりますが、1,000万円を超え5,000万円以下の場合、
20,000円(特例措置で平成26年4月1日~平成30年3月31日までは10,000円)

3.抵当権抹消登記費用

売却する不動産に住宅ローンなどの抵当権が設定されていると、抹消しなければいけません。
抵当権の本数や、司法書士の報酬によりますが、20,000円~30,000円程度必要になります。

・住宅ローン繰り上げ返済手数料
住宅ローンの残債が残っている場合には、金融機関へ支払う繰り上げ返済手数料も必要です。
金額は5,000円程度~50,000円程度まで金融機関、ローン商品により様々です。

4.登記名義人変更登記費用

売却する不動産の登記名義人(売主)の住所や名前が、住所変更や婚姻などで変わり、
現在取得出来る印鑑証明書と合わない場合には、登記名義人表示変更登記が必要になります。
金額は司法書士の手数料含め10,000円~15,000円程度です。

5.実測、境界確定費用

マンションの売買には必要ありませんが、土地や一戸建の売買で境界が未確定の場合には
境界立ち会いをして境界を確定する必要があります。また実測をすることを条件としている
売買契約では測量費用も必要になってきます。
土地の形状や大きさによって大きく異るので、土地家屋調査士に見積もりをとることに
なりますが、ふつうの一戸建住宅の規模であればおおよそ300,000円程度が目安です。

6.譲渡所得税、住民税

不動産を売却して譲渡益が出た場合は、譲渡所得税と住民税を納付することになります。

(譲渡価格-取得価格-諸費用-特別控除)×税率=税額
※税率は、譲渡した年の1月1日における所有期間が5年超の場合20%、5年以下の場合39%

上記の計算のとおり、譲渡価格が取得価格等を下回る場合は課税されません。
また、居住用財産を売った場合には3000万円の特別控除があり、3000円を超える譲渡益がので
課税されません。軽減措置を受けられるケースが多いので事前に不動産屋さんに計算してもいましょう。

いずれにしても、不動産を売却したら、翌年の3月15日までに確定申告が必要です。

7.その他

場合によって必要に経費として以下のものがあります。

・ハウスクリーニング費用
特約によりハウスクリーニングを売主負担で施工して引き渡す場合には必要になります。

・建物解体費用
建物を解体し更地にして引き渡す契約の場合には建物解体費用が必要になります。

・分筆登記費用
土地を分筆して売却する場合には分筆登記費用は売主の負担になります。

・未登記建物の登記費用
未登記の建物であったり、増築部分が未登記であった場合には、登記が必要な場合があり
通常売主の負担とされています。

 

 

お電話でのご相談もお気軽にどうぞ TEL 026-263-7588 AM9:00-PM6:00(水曜日を除く)

  • メールでお問い合わせはこちら

無料査定のお申し込み

PAGETOP
Copyright © 株式会社中部エース All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.