不動産を売るにあたって、一番関心の高い「価格」のお話です。

不動産の特性として、土地にしても、建物にしても唯一無二のもので、
それぞれ特徴があります。

隣同士のほぼ同じ面積の分譲地や、マンションの隣の部屋、
同じ間取りの上下階でも微妙に違います。

陽当たりが違う。見える景色が違う。隣に住んでいる人が違う・・などなど
まったく一緒ではありません。

不動産は唯一無二のものではありますが、
売るには価格をつけなければなりません。

価格をつけるにはどうしたら良いか。

「このくらいで売れたらいいな。」とか
心積りのある方もあるかも知れません。

昔お買いになった時の高かった時期の価格が
頭に残っている方もいらっしゃいます。

しかし、思い入れや希望の価格で高くしても、売れません。

高くしすぎた物件の中には、なかなか買い手がつかず
半年、1年・・2年・・中には売りに出してから5年以上
経つものも稀に見受けられます。

価格を下げるタイミングがずれて
好機を逃し続けている物件もあります。

こうなると当初妥当な価格をつけておけば売れたものが、
もはやその価格を、下回らなければ売れないとういことになってしまいます。

しかし、安すぎては損をしてしまいます。
売りに出した途端に4人も5人も買い手がついてしまうようではいけません。

買い手は一人で結構です。

では、どうしたら良いか?

最終的には、売主が価格を決めて私共不動産業者に
依頼していただくのですが、

その前に私共不動産業者が、売却予定の不動産について、
いくら位が妥当であるか、価格のアドバイスをします。

「査定」と呼んでいます。

※宅地建物取引業者は、宅地又は建物を売買すべき価額又は
その評価額について意見を述べるときは、その根拠を明らかにして
説明をおこなうことになります。(宅建業法34条の2・第2項)

いわゆる「相場」ともいわれていますが。

周辺、近隣で同種類の不動産がいくらで取引されたか、取引されているか。

取引事例や、公示価格、基準地価格、路線価等を調べ、
その不動産の持つ特性から流動性(売り易さ)を現在の取引動向や、
自らの経験から、今売りに出すのに妥当な価格、
売れるであろう価格を導き出します。

その価格を私共不動産業者は、
売ろうとしている方に「査定」という形でご提案します。

 

⇒長野市及びその近郊の不動産、無料査定のお申込みはこちら