不動産を売る時に一番大きな要因となるのが「価格」です。

新聞、情報誌、チラシのほかに「ネット」で気軽に
不動産物件情報が手に入る時代です。

売りに出そうとしているご自身の住まい、不動産と競合すると思われる
物件が、今いくら位で売っているか調べてみましょう。

同じ地域で同じ位の面積の土地、同じ位の築年数の中古物件が
いくらで出ているか。

マンションでしたら同じ間取り、築年数が同じぐらいのマンションです。

最近は物件の所在地まで公開していることが多いので、
実際に足を運んで見てみることも出来ます。

物件情報を継続的に見続けていると
これは売れそうだとか、
少し高いと思ってみていたが、価格を変更した
途端に売れたとか、相場感のようなものがつかめて来ます。

売主として市場の価格をある程度把握することで、
思い入れに左右されない価格、
ご自分が売ろうとしている不動産の競合物件を把握したうえで、

このくらいで売れれば最高という価格と
最低限この価格では売りたいという価格を

不動産屋さんと相談しながら決めましょう。

⇒長野市及びその近郊の不動産、無料査定のお申込みはこちら