そもそも自分の不動産は売れるのだろうか?
本当に売れるのかどうか心配される方がいます。

売れない物件ってあるのでしょうか?

基本的には一部の物件を除いて
「売ることが出来る。」と言って良いと思います。

確かに条件の悪い物件はあります。

・道が狭い。
・車が入りにくい。
・陽当りが悪い。
・土地の形状が悪い。
・段差がある。
・近隣に嫌悪施設がある。(工場、ゴミ処分場、お墓)
・線路ぎわや警報機に近い。
・水が漬いたことがある。
・都市計画道路の予定がある。
・下水道が来ていない。

物件によってさまざまな特徴がありますが、
すべて価格との相関関係で売れないということは
ほとんどありません。

欠点を価格に反映させて調整すれば、
少し時間がかかりますが、必ず売れます。

私共がこれは難しいだろうと思うような
物件でも時間をかけて価格を調整してゆくと、
買い手が現れてくるものです。

欠点を包み隠さず買い手に伝え、
だから安くしてある。
ということで売れば良いのです。

また、買い手の欲しい理由を聞くと「なるほどな」
と思わせられる事もあります。

線路際の土地でも、

「南側が線路だから南側に建物が建つことがないでしょ。
ずっと陽当りが良くていいよね。」

同じ物件でも欠点と捉える人と、
逆に良い特徴と捉える方がいる、
ということでしょうか。

人によって感じ方が違うのだなと感心させられます。

⇒長野市及びその近郊の不動産、無料査定のお申込みはこちら