よく不動産の査定を何社かに依頼してみて、
一番高い査定価格を付けた不動産業者にお願いするという人がいます。

はたして正解でしょうか?

「自分の不動産を高く評価してくれた。」

「売る自信があるんだ。」

「その値段で売ってくれる。」

と思うかもしれませんが・・・。

高い査定価格だからといって、
その価格で成約になる保証は全くありません。

(査定価格で買い取る中古車の査定とは違います。)

その価格で決まらなければ価格を下げざるを得ません。

他の業者と査定の競合になれば、取り敢えず受けるだけ受けて、
あとで価格を下げればいいや。
と高い価格を提示して仕事を取ってくるかもしれません。

結局、高すぎて売れず、価格を下げることになってしまいます。

査定価格の出し方は、不動産業者それぞれやり方が違います。

(公財)不動産流通近代化センターで
「不動産価格査定マニュアル」
というものが発行されています。
多くの不動産業者で使われていますが、
独自の査定方法 や査定ソフトを使っている業者も沢山あります。

そもそも同じマニュアルや査定ソフトを使っていても
入力する営業マンによって価格は違ってきます。

したがって何社頼んでも査定価格はバラバラになるはずです。

どの不動産業者に任せるかを決めるにあたっては、
査定価格が高かったからではなくて、

査定の内容、根拠が納得出来るものか。

信頼出来る業者、人柄の営業マンであるか。

販売力、販売方法をもっているか。経験は十分であるか。

総合的に判断して選定するほうが良いと思います。

⇒長野市及びその近郊の不動産、無料査定のお申込みはこちら