不動産を売る時は、「不動産屋さんに依頼して吉報を待つ。」
というのが常道で、自分で出来る事は少ないように思えますが、
それでもスムーズな売却のために自分で出来ることはあります。

チャンスを逃して損しないためにも、
比較的簡単に出来る事が多いのでやってみましょう。

1.内覧の要望には極力応じる。

お客様の内覧の要望には極力応じていただいくと
成約する可能性が増します。

「内覧なくして成約なし。」と言います。

内覧しないで買う人はいません。
内覧が成約への第一歩です。

不動産の購入をお考えの方は皆さん真剣です。
ひやかしのお客様はいません。
お忙しいでしょうが、出来るだけお客様の希望に
合わせていただいたほうが
成約になる可能性は間違いなく増します。

2.綺麗にしておく

「もう少し綺麗にしていれば売れたのに。」と言うことにならないように・・。

やはり第一印象が大事です。

物を片付けておく、お掃除をしておくだけで印象が違うということがあります。
玄関の出しっぱなしの靴を片付けておく、

リビングの整理整頓とお掃除。水回り(風呂、トイレ、台所)は女性が気に
なるところです。綺麗にしておきましょう。

3.さらにこんなところにも注意

1)カーテンを開けておく。
採光は住まいを選ぶ際にもっとも気になるところです。
カーテンはしっかり開けて明るく見せましょう。

2)電気を点灯する。
お客様の内覧中にもこまめに電気を消して回る売主様が
多いのですが、普段はエコに励んでいただいていても、お客様の内覧
している時間はそう長くありません。電気を点けて良く見せてあげて下さい。

切れている蛍光灯、電球は取り替え、出来れば明るいものに交換しておくと
良いでしょう。

3)においに気をつけて
あまり神経質にならなくても良いと思いますが、自分では気がつきにくいのが
生活臭などのにおいです。室内の換気をしておくだけで違います。
タバコを吸う方がいる場合、ペットがいる場合は特に気をつけて下さい。

4)ハウスクリーニングをする。
中古住宅、中古マンションの売却の際にハウスクリーニングは必須でありませ
んが、空家、空室の際には一考に値します。
最初に費用がかかるのを嫌がる方は多いのですが印象が断然違ってきます。
特にマンションの場合はおすすめなので検討してみましょう。

5)ミニリフォーム・修繕を行う。
不動産の値引きは100万円単位になることが少なくありません。
値引き交渉のネタになってしまうことが予想されるところは
あらかじめ直してしまうのもひとつの手です。(ご予算があればですが・・)
費用をかけた分以上に高く売れる場合もあります。
但し、ひとりよがりのリフォームをしても仕方ありませんので、
やるなら不動産業者さんと事前に相談のうえ施工しましょう。

⇒長野市及びその近郊の不動産、無料査定のお申込みはこちら