長野市及びその近郊のマンション・一戸建て・土地を適切な価格で速やかに売却するためのサイトです。売却成立までの流れ、不動産を高く売る秘訣、売却時のよくある質問をわかりやすく解説。査定は簡易査定・訪問査定のどちらも無料です。

不動産を高く売る秘訣

  • HOME »
  • 不動産を高く売る秘訣

室内のイメージ

住まい・不動産を売るのであれば「少しでも高く売りたい。」と思うのは当然ですが、
どうしたら高く売ることが出来るでしょうか?

1.情報収集して適正価格を把握する。

不動産を売る時に一番大きな要因となるのが「価格」です。

価格については、どうしてもご自分の住まい、不動産はご自身で高く評価しがちです。
また、昔の地価が高い時の価格が頭に残っている場合があります。

売却の際は、事前に不動産屋さんに査定をしてもらうことになりますが、査定の結果にかかわらず、
高い売り出し価格を求めたり、本来信頼出来る不動産屋さんを断って、根拠の希薄な「高い査定書」
を持ってきた不動産業者に依頼して、お客様に検討すらされずに長期間ほっとかれてしまうケース
もあります。

反対に価格が安すぎるともちろん損をしてしまいます。

そこで「適正な価格」をある程度、自分で把握することが大事です。
自ら情報収集の努力をしてみて下さい。新聞、情報誌、チラシのほかにネットで気軽に不動産物件
情報が手に入る時代です。

売りに出そうとしているご自身の住まい、不動産の競合すると思われる物件がいくら位で売ってい
るか調べてみましょう。同じ地域で同じ位の面積の土地、同じ位の築年数の中古物件がいくらで出
ているか。マンションでしたら同じ間取り、築年数のマンションです。
最近は物件の所在地まで公開していることが多いので、実際に足を運んで見てみることも出来ます。

売主として市場の価格を把握することで、思い入れに左右されない、競合物件を把握したうえでの、
このくらいで売れれば最高という価格と最低限この価格では売りたいという価格を不動産屋さんと
相談しながら決めましょう。

2.なるべく早い段階の成約を目指す。

決して売り急げということではありません・・・
不動産の物件情報は「生物(なまもの)」と同じだと言われます。
新鮮さが大事だと言うことです。

物件情報を公開した時がいちばんお客様に注目されます。
日数がたつにつれ鮮度が落ちてくるものです。
「あの物件、売れずにいつまでも出ているね。」と言われてはいけません。

一旦売りに出したら価格を上げることは難しいので早い段階に成約したほうが、一般的に売主に有利
です。

売りに出した時期に2組位のお客様が希望してくれるのが価格設定が理想的・・。
競合状態なので値引きせずにスムーズに売却が進みます。
(あまりたくさん希望が来てしまうようでは価格設定が安すぎたことになりますが・・)

いずれにしても初期の段階に問い合わせてきたお客様は物件に対して関心が高いお客様です。
成約になるケースが多いので、値引き交渉が入ったとしても次のお客様を期待するより、ある程度
譲歩出来る範囲であれば成約したほうが得策と言えるでしょう。

3.ベストパートナーである不動産業者を選ぶ

知り合いが確か不動産をやっていたから頼んでみよう。
はたしてそれで良いでしょうか?
一口に不動産業者と言ってもいろいろあります。

・開発分譲を得意としている業者(地主から土地を買い上げ造成して分譲地とする)
・アパートや貸家を得意としている業者
・テナントや店舗を得意としている業者
・マンションを分譲する業者(マンションを企画し販売する)
・土地、建物の売買仲介を得意としている業者

などがあります。
もちろん宅地建物取引業の免許を持っているし、不動産の看板をあげているので、
全部出来る資格はあるのですが、それぞれ得意分野が違います。

それぞれ得意な分野で、それぞれのノウハウを生かして仕事をしています。
得意な分野では、知識も経験もあり、情報が集まって来ますしお客さんもあります。

その不動産業者の得意な分野が何であるか見極めて、その業者に依頼することが必要になってきます。

アパートや貸家をメインにしている業者は、2月3月の繁忙期には、とても売り物件には手が回りません。新築分譲をメインにしている業者は、利益率が高い自らが売主の物件を真っ先に売らなければ死活問題になります・・・・。

自分の家を売ろうとする人は、少なくとも売買仲介を得意とする業者に依頼しなければならないことになると思います。

ある程度コンプライアンスがしっかりしている業者を選ぶことは言うまでもありませんが、
あとはその業者が売却するにあたってどんなノウハウ(手法)を持っているか。
という事になります・・・。

折角、売却を依頼しても、情報発信の機能が弱いと必要な人に情報が伝わらないのでなかなか成約に結びつきません。

不動産流通の仕組みの弊害ですが、どうしても依頼された業者は、自分のところでお客を見つけようとします。
両手数料と言って、売り手と買い手の両方から手数料を得たいので、自ら情報発信を
制限してしまうことすらあります。
その業者の限られたお客様にしか情報が伝わらない。
そんなことになったら悲劇的です。

情報発信をする機能があり、きちんと情報発信するか。
お客が集まる仕組みを作っていて見込客をどれだけ持っているかが重要です。

不動産広告についても、従来の紙媒体からインターネットによる広告に比重が移って来ています。インターネットでの情報発信や集客が出来る業者かが重要な判 断基準です。インターネットが浸透した現在は、大手業者か中小業者かは基本的に関係なくなっています。

また何よりも、誠実に対応してくれる信頼の出来る人柄の担当者に任せるというのが大事ではないでしょうか。

株式会社中部エースホームページより

お電話でのご相談もお気軽にどうぞ TEL 026-263-7588 AM9:00-PM6:00(水曜日を除く)

  • メールでお問い合わせはこちら

無料査定のお申し込み

PAGETOP
Copyright © 株式会社中部エース All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.